のびたん・可変容量式解体用散水機

コンパクトなのに大容量タンク、万能型防塵用散水機

解体現場での防塵散水に最適!設置スペースは2tダンプにも搭載できるほどコンパクトでありながら、使用する際は上タンクをリフトアップして5.5立米の水を蓄えるタンクとエンジン式ポンプが一体となった散水機です。

2tトラック、ダンプに積み込み可能

のびたん・可変容量式解体用散水機

5.5立米タンク一体型散水機でありながら、2t車で運搬可能なサイズを実現。設置面積がコンパクトなので、狭い現場でも水量を確保しつつ設置することができます。

 

サイズ W2700mm×D1550mm×H2075mm (タンク伸長時 H3580mm)

重量 1600kg

ディーゼルエンジン式防音型ポンプ搭載

発電機不要のディーゼルエンジン式大型解体散水機を搭載。最大到達飛距離22m。ノズル3本の同時散水が可能。防音型なので騒音対策も安心です。

のびたん・可変容量式解体用散水機

SEL300SS

仕様  
ポンプ圧力MPa(kgf/cm2)0.6(6)/0.44(4.4)±8%
水量(L/min)300/570(MAX)±10%
回転数(min-1)3600
エンジン名称水冷4サイクルディーゼルエンジン
総排気量(cc)479
定格出力9.3kW(12.7PS)/3600min-1
始動方式セルスターター式
使用燃料JIS 2号 軽油
燃料タンク容量(L)25.0(燃料消費量 約3.0L/h)

のびたん5使用方法

のびたん・可変容量式解体用散水機

【タンク伸縮方法】

①地面に水平に設置する。※設置場所選定、軟弱地不可

②インナータンク吊具にワイヤーをかける。

③フランジボルトが緩んでいることを確認する。

④ガイドの止めピンを抜く。

⑤クレーンでインナータンクを吊り上げ、インナーガイドとアウターガイドの穴を合わせ止めピンを差し込む。

⑥フランジボルトを均等に締め込む。

⑦タンク内に注水する。

のびたんタンクの伸ばし方


のびたんタンクの下げ方

幅広い現場のニーズに対応する解体用散水機

散水量が必要な大規模な現場から都市部などで設置スペースの確保の難しい現場まで、小スペースで大容量の水を蓄えられる「のびたん」1台で対応することが可能です。